脱毛クリニックで使用されているレーザー脱毛のうち、アレキサンドライトレーザーは国内で最も広いシェアを誇るマシンです。痛みは強いものの脱毛効果が非常に高く、同時に美肌効果を得られることで肌の調子がよくなったと感じるかたも多いため、女性からの人気を集めています。

脱毛クリニックで使用されているレーザー脱毛のうち、アレキサンドライトレーザーは国内で最も広いシェアを誇るマシンです。痛みは強いものの脱毛効果が非常に高く、同時に美肌効果を得られることで肌の調子がよくなったと感じるかたも多いため、女性からの人気を集めています。

脱毛クリニックで行われているレーザー脱毛には、使用されているレーザーによっていくつかの種類があります。そのうちの1つであるアレキサンドライトレーザー、日本国内で最も多くのクリニックで導入されている脱毛マシンです。

レーザーの波長が短く脱毛効果が非常に高い

脱毛前のシェービング

いくつかあるレーザー脱毛マシンはそれぞれ波長の長さが異なり、アレキサンドライトレーザーは最も短い755nmです。いずれもメラニンに吸収されて高熱を発する性質がありますが、真皮層の深いところまで到達して毛母細胞や毛乳頭の細胞を破壊していきます。
このメラニンへの吸収率がとても高く、拡散しにくい性質で照射の際のロスが少ないことから1回の照射で効率よく脱毛ができ、とくに太く濃い毛の処理に優れた効果を発揮するのが特徴です。

脱毛と同時に副次的な美肌効果も得られる

アレキサンドライトレーザーはフェイシャルケアなどでも使用されており、他のレーザー脱毛マシンにはない高い美肌効果を実感できるというのも、女性には嬉しいポイントになります。
そのレーザーの波長はコラーゲン生成に関わる部位に働きかけることができ、照射により活性化、保湿を促すことでハリを出したり毛穴を引き締めるだけではなく、メラニンに吸収されることでシミや黒ずみのケアも期待することが可能です。
あくまでも脱毛の際の副次的な効果ですが、施術を重ねることで変化を感じるかたが少なくありません。

日焼け肌には利用できない点には注意

背中の脱毛

メラニンに強く反応するため、アレキサンドライトレーザーは高い脱毛効果を得られる反面、強い痛みを伴いやすいというデメリットがあります。冷やしながらの照射で刺激を和らげることができるものの、安全のために日焼けしすぎた肌や黒ずみが深刻な肌にも照射をすることができません。
また、色が薄いムダ毛や産毛にも反応しにくいために残りやすくなります。シェアが広いことから選びやすく受けやすい脱毛方法ではありますが、自身の肌質や毛質を慎重に見極めながら検討することが大切です。

より安全性と効果が高い方法で施術を受けられる脱毛クリニック

脱毛でより高い効果を得たいと考えているかたにおすすめなのが、脱毛クリニックで受けられるレーザー脱毛です。少ない施術回数で完了し、その後のムダ毛の再生率も低い方法になります。

レーザー脱毛では永久脱毛が可能

脱毛クリニックの施術で特に注目したいのが、永久脱毛が可能である点です。
レーザー脱毛ではメラニン色素に反応をする可視光線を利用し、毛根内の毛乳頭や毛母細胞を破壊して再生力を奪う施術を行います。そのため1回で得られる効果が高く、脱毛サロンで受けられる光脱毛の半分ほどの回数で完了させることが可能です。
永久脱毛は脱毛を完了してから1ヶ月後の再生率が20%以下に抑えられている施術で、永久にムダ毛が生えてこないと保証されているわけではありませんが、その高い効果で長期間自己処理が不要な快適な肌を保つことができます。

医療資格を持つスタッフが施術ため安全性が高い

ふとももの脱毛
細胞を破壊するという永久脱毛は医療行為に該当するため、レーザー脱毛マシンは医療免許を持っていなければ取り扱うことができません。脱毛サロンでエステティシャンが行う光脱毛で永久脱毛ができないのはこのためです。
脱毛クリニックでの施術はより高い効果を得られるだけではなく、医師の診察を受けた後に医療免許を持つスタッフが施術を行うため、非常に安全性が高いところもメリットになります。
肌トラブルを起こさないように、肌の調子を見ながら施術を進めていくことが可能です。

いざという時にはその場で治療が可能

レーザー脱毛では高熱が生じるため少なからず肌にも刺激を受けることから、痛みだけではなく火傷や赤み、痒みなどが生じるリスクがあります。もちろん、脱毛クリニックではそうしたことが起こらないように細心の注意を払いながら施術を行っていますが、万が一の際にはその場ですぐ適切な治療を受けられるというのも安心できるポイントです。
肌の状態に不安があるというかたはよく相談の上で脱毛を受けることが大切ですが、施術でトラブルが生じた際には大抵のクリニックで治療費を保証してもらうことができます。